headerlogo Season Review

1993 Season

Historical Highlights

September 12
ホームでの対ニューヨークジェッツ戦に24-14で敗れたが、QBダン・マリーノは通算40000パスヤードを記録した。これはフラン・ターケントン(47003ヤード)、ダン・フォーツ(43040ヤード)、ジョニー・ユナイタス(40239ヤード)に次ぐNFL歴代4位の成績。なおマリーノは153試合でこの記録を達成したが、これは史上最速の記録達成で、それまでの記録はフォーツの168試合だった。

October 10
アウェイでの対クリーブランドブラウンズ戦で、QBダン・マリーノが右足のアキレス腱を断裂した。それに代わって出場したスコット・ミッチェルが2つのTDパスを決める活躍で、ドルフィンズは24-14で勝利した。ミッチェルはパス16回投中10回成功で118ヤードを獲得、2TDで1インターセプトの成績で、チームを勝利に導いた活躍が認められて、その週のAFC最優秀攻撃選手に選出された。なお、マリーノは故障者リスト入りして残りのシーズンを棒に振った。

October 24
レギュラーシーズンゲーム145試合連続先発を務めていたQBダン・マリーノが欠場して、スコット・ミッチェルが初の先発を務めた対インディアナポリスコルツ戦で、ドルフィンズは41-27で勝利した。ミッチェルはパス19回投中12回成功で190ヤードを獲得して1TDを記録し、勝利に貢献した。

October 31
プロプレーヤースタジアムで行われた対カンサスシティチーフス戦で、ドルフィンズはQBスコット・ミッチェルがパスで344ヤードを獲得して3TDパスを決める活躍で30-10で勝利した。HCドン・シューラはこの勝利で通算324勝目を記録して、ジョージ・ハラスの持つNFL最多勝記録に並んだ。

November 14
アウェイでの対フィラデルフィアイーグルス戦で、ドルフィンズは19-14で逆転勝利を飾り、HCドン・シューラはNFL通算325勝目を記録して、史上最多勝HCとなった。この試合の第3Qに肩を負傷したQBスコット・ミッチェルに代わって出場したダグ・ペダーソンが、13-14の劣勢から2つのFGドライブを演出してチームを逆転勝利に導いた。

November 21
プロプレーヤースタジアムで行われた対ニューイングランドペイトリオッツ戦で、NFL最年長のQBスティーブ・ディバーグがシーズン3人目の先発QBとして出場、パスで252ヤードを投げて2つのTDパスを記録して、ドルフィンズの17-13の勝利に貢献した。

November 25
積雪のテキサススタジアムで行われた、サンクスギビングデイの対ダラスカウボーイズ戦で、ドルフィンズは前年のスーパーボウル王者カウボーイズに16-14で逆転勝利した。ドルフィンズは13-14と1点リードを許した残り試合時間15秒で、Kピート・ストヤノビッチが41ヤードFGを狙ったが、ブロックされて失敗に終わった。しかしカウボーイズDTレオン・レットがルーズボールを拾い上げようとしてファンブル、これをドルフィンズCジェフ・デレンバックが試合時間3秒を残して敵陣1ヤード地点でリカバーした。そして最後のプレーでストヤノビッチが19ヤードのFGを決めてドルフィンズの勝利が確定した。

December 13
プロプレーヤースタジアムで行われた対ピッツバーグスティーラーズ戦のハーフタイムにラリー・リトルの殿堂入りセレモニーが行われた。試合はドルフィンズが21-20で敗れた。

December 14
HCドン・シューラがプロのコーチとしては初めて、スポーツイラストレイテッド誌のスポーツマン・オブ・ザ・イヤーに選出された。

January 2
アウェイでの対ニューイングランドペイトリオッツ戦で、ドルフィンズはオーバータイムの末に33-27で敗れて5連敗を喫した。オークランドレイダースがデンバーブロンコスに勝利したため、ドルフィンズはプレーオフ進出を逃した。

 

Season Statistics

RESULTS   STATISTICS LEADERS
Date Score Opponent Passing Att Cmp Yds TD
9/5 ○24-20 @インディアナポリスコルツ S.ミッチェル 233 133 1773 12
9/12 ●14-24 ニューヨークジェッツ S.ディバーグ 188 113 1521 6
9/26 ○22-13 @バッファロービルズ D.マリーノ 150 91 1218 8
10/4 ○17-10 ワシントンレッドスキンズ Rushing Rush Yds Avg TD
10/10 ○24-14 @クリーブランドブラウンズ M.ヒッグス 186 693 3.7 3
10/24 ○41-27 インディアナポリスコルツ T.カービー 119 390 3.3 3
10/31 ○30-10 カンサスシティチーフス Receiving Rec Yds Avg TD
11/7 ●10-27 @ニューヨークジェッツ I.フライヤー 64 1010 15.8 5
11/14 ○19-14 @フィラデルフィアイーグルス T.カービー 75 874 11.7 3
11/21 ○17-13 ニューイングランドペイトリオッツ M.イングラム 44 707 16.1 6
11/25 ○16-14 @ダラスカウボーイズ Kicking PAT FG Pts
12/5 ●14-19 ニューヨークジャイアンツ P.ストヤノビッチ 37/37 24/32 109
12/13 ●20-21 ピッツバーグスティーラーズ Interceptions No Yds TD
12/19 ●34-47 バッファロービルズ J.ブラウン 5 43 0
12/27 ●20-45 @サンディエゴチャージャース L.オリバー 2 60 1
1/2 ●27-33# @ニューイングランドペイトリオッツ T.ビンセント 2 29 0
      C.グリーン 2 0 0
#-オーバータイム Sacks No
      J.クロス 10.5
      M.コールマン 5.5
      Defense Tack Solo Asst
  B.コックス 122 87 35
  J.ウイリアムス 118 94 24
  D.ホリアー 94 70 24
 
1992BACK1994