headerlogo Season Review

1989 Season

Historical Highlights

September 10
QBジム・ケリーが最後のプレーで2ヤードのTDランを決めてバッファロービルズが27-24でドルフィンズに勝利した。この敗戦によってドルフィンズの地元での開幕戦の連勝記録が13でストップした。

September 17
ニューイングランドペイトリオッツに24-10で勝利した。QBダン・マリーノは史上13人目の通算200TDパスを記録した。なお、マリーノは200TDパスをわずか89試合で達成したが、この記録は史上最速の記録達成となった。

October 8
オーバータイムの末にクリーブランドブラウンズに13-10で勝利した。QBダン・マリーノは史上25人目の通算25000パスヤードを記録した。また同時にボブ・グリーシーの持っていたチーム記録、通算25092パスヤードの記録も更新した。

November 5
RBサミー・スミスが123ヤードのラッシングを記録する活躍で、ドルフィンズはインディアナポリスコルツを19-13で破った。スミスの記録はドルフィンズのルーキーとしては3番目にいい記録で、同時にドルフィンズのRBとして28試合ぶりに1試合100ヤード以上のラッシングを記録した。

November 12
Kピート・ストヤノビッチがチーム記録となる59ヤードFGを決めて、ドルフィンズが31-23でニューヨークジェッツに勝利した。このFGはNFLの歴史上でも3番目に長いFGとなった。

November 19
HCドン・シューラにとって通算4回目の親子対決となった、デビッド・シューラがアシスタントHCを務めるダラス・カウボーイズとの一戦は、17-14でドルフィンズが勝利してまたしても父親ドンが勝利、通算4勝0敗となった。またこの勝利はドルフィンズにとってここ7試合で6勝目となり、AFC東地区でバッファロービルズと並んで首位に立った。

December 3
QBダン・マリーノがシーズン3000パスヤードを達成したが、ドルフィンズは26-21でカンサスシティチーフスに敗れた。マリーノは通算6回目のシーズン3000パスヤードを達成して、ダン・フォーツが持っていたNFL記録に並んだ。

December 24
シーズン最終戦、ジョーロビースタジアムでの対カンサスシティチーフス戦は、ドルフィンズにとってプレーオフ進出をかけた試合だったが、27-24で敗れてプレーオフ進出はならなかった。なおこの日の気温は4.4℃でドルフィンズのホームゲーム史上最も低温下での試合となった。

 

Season Statistics

RESULTS   STATISTICS LEADERS
Date Score Opponent Passing Att Cmp Yds TD
9/10 ●24-27 バッファロービルズ D.マリーノ 550 308 3997 24
9/17 ○24-10 @ニューイングランドペイトリオッツ S.セキュールズ 50 22 286 1
9/24 ●33-40 ニューヨークジェッツ Rushing Rush Yds Avg TD
10/1 ●7-39 @ヒューストンオイラーズ S.スミス 200 659 3.3 6
10/8 ○13-10# クリーブランドブラウンズ T.ストラッドフォード 66 240 3.6 1
10/15 ○20-13 @シンシナティベンガルズ Receiving Rec Yds Avg TD
10/22 ○23-20 グリーンベイパッカーズ M.クレイトン 64 1011 15.8 9
10/29 ●17-31 @バッファロービルズ M.デューパー 49 717 14.6 1
11/5 ○19-13 インディアナポリスコルツ J.ジェンセン 61 557 9.1 6
11/12 ○31-23 @ニューヨークジェッツ Kicking PAT FG Pts
11/19 ○17-14 @ダラスカウボーイズ P.ストヤノビッチ 38/39 19/26 95
11/26 ●14-34 ピッツバーグスティーラーズ Interceptions No Yds TD
12/3 ●21-26 @カンサスシティチーフス L.オリバー 4 32 0
12/10 ○31-10 ニューイングランドペイトリオッツ D.マクニール 3 -6 0
12/17 ●13-42 @インディアナポリスコルツ Sacks No
12/24 ●24-27 カンサスシティチーフス J.クロス 10.0
  H.グリーン 7.5
#-オーバータイム Defense Tack Solo Asst
  B.クラウス 119 100 19
      J.ウイリアムス 87 68 19
  J.オファドール 72 58 14
 
1988BACK1990