headerlogo Season Review

1987 Season

Historical Highlights

August 16
シカゴベアーズとのプレシーズンゲームは、ジョーロビースタジアムのこけら落としの試合であり、63,451人の観衆を集めて行われた。試合はドルフィンズが10-3で敗れた。しかもこの試合でQBダン・マリーノが右手薬指を脱臼して3週間欠場、LBジョン・オファドールが二頭筋の断裂でレギュラーシーズン最初の6試合を欠場に追い込まれた。

September 22
NFL選手会がストライキを決行した。これによって9月27日に予定されていたジョーロビースタジアムでのレギュラーシーズン最初の試合、対ニューヨークジャイアンツ戦はストライキのために中止となった。

October 4
ストライキのために代替選手が出場しての最初の試合、アウェイでの対シアトルシーホークス戦は、ドルフィンズが24-20で敗れた。

October 11
ジョーロビースタジアムでの最初のレギュラーシーズンゲームは代替選手で臨んだ対カンサスシティチーフス戦だったが、ドルフィンズは42-0の完封勝利を飾った。Sリフォート・ホブリーが2インターセプト、4タックル、2パスディフェンスを記録、さらに55ヤードのファンブルリターンTDも決めてAFC週間最優秀守備選手に選出された。

October 25
ストライキの終結とともに、およそ1カ月ぶりにドルフィンズの正規の選手がフィールドに戻ってきた。しかしバッファロービルズとの対戦でドルフィンズはオーバータイムの末に34-31で敗れた。ドルフィンズにとっては21点リードを守れなかった試合だった。

November 1
ジョーロビースタジアムで行われた対ピッツバーグスティーラーズ戦で、ドルフィンズは35-24で勝利した。そしてこの勝利はHCドン・シューラにとってレギュラーシーズンゲーム通算250勝目の記念すべき試合だった。

November 29
アウェイでの対バッファロービルズ戦で、ドルフィンズは27-0で完封負けを喫した。これはドルフィンズにとって1982年12月12日にニューイングランドペイトリオッツに3-0で敗れて以来の完封負けだった。またこの試合でQBダン・マリーノの連続試合TDパス記録が30試合でストップした。

December 20
ジョーロビースタジアムで行われた対ワシントンレッドスキンズ戦で、ドルフィンズは23-21で勝利して1987年シーズンの最後の勝利を記録した。ちなみにレッドスキンズは今シーズンのスーパーボウルでデンバーブロンコスを42-10で破っている。

December 30
RBトロイ・ストラッドフォードがAP通信社の最優秀新人攻撃選手に選出された。

 

Season Statistics

RESULTS   STATISTICS LEADERS
Date Score Opponent Passing Att Cmp Yds TD
9/13 ●21-28 @ニューイングランドペイトリオッツ D.マリーノ 444 263 3245 26
9/20 ○23-10 @インディアナポリスコルツ K.マッケイ 109 57 604 3
10/4 ●20-24 @シアトルシーホークス Rushing Rush Yds Avg TD
10/11 ○42-0 カンサスシティチーフス T.ストラッドフォード 145 619 4.3 6
10/18 ●31-37# @ニューヨークジェッツ L.ハンプトン 75 289 3.9 1
10/25 ●31-34# バッファロービルズ Receiving Rec Yds Avg TD
11/1 ○35-24 ピッツバーグスティーラーズ M.クレイトン 46 776 16.9 7
11/8 ○20-14 @シンシナティベンガルズ M.デューパー 33 597 18.1 8
11/15 ●21-40 インディアナポリスコルツ T.ストラッドフォード 48 457 9.5 1
11/22 ○20-14 @ダラスカウボーイズ Kicking PAT FG Pts
11/29 ●0-27 @バッファロービルズ F.リベイズ 28/30 9/11 55
12/7 ○37-28 ニューヨークジェッツ Interceptions No Yds TD
12/13 ○28-10 @フィラデルフィアイーグルス P.ランクフォード 3 44 0
12/20 ○23-21 ワシントンレッドスキンズ G.ブラックウッド 3 17 0
12/28 ●10-24 ニューイングランドペイトリオッツ Sacks No
  T.ターナー 4.0
#-オーバータイム B.ソーシア 3.5
      Defense Tack Solo Asst
  J.シップ 79 63 16
      J.オファドール 67 54 13
  M.ブラウン 62 54 8
 
1986BACK1988