headerlogo Season Review

1986 Season

Historical Highlights

September 21
メドーランズで行われた対ニューヨークジェッツ戦で、ドルフィンズはオーバータイムの末に51-45で敗れた。QBダン・マリーノはこの試合でパス50回投中30回成功で448ヤードを獲得して6TDを記録した。1試合6TDパスはマリーノ自身キャリア最多で、チーム記録としてはボブ・グリーシーに並ぶタイ記録だった。またWRマーク・デューパーとマーク・クレイトンがそれぞれ100ヤード以上のパスレシーブを記録している。

October 12
オレンジボウルで行われた対バッファロービルズ戦は、QBダン・マリーノとジム・ケリーの初めての対決だった。マリーノはパス41回投中24回成功で337ヤード獲得、一方のケリーはパス28回投中20回成功で218ヤードを獲得したが2つのインターセプトも犯した。試合は27-14でドルフィンズが勝利した。

November 24
リーグ最高の10勝1敗で9連勝中のニューヨークジェッツをオレンジボウルに迎えた一戦は、ドルフィンズがRBロレンゾ・ハンプトンの19キャリーで148ヤードを獲得して2TDをあげる活躍で、45-3で圧勝した。ハンプトンは54ヤードTDランを決めるなど、レギュラーシーズンではチーム史上37試合ぶりの100ヤードラッシャーとなった。またQBダン・マリーノはパス36回投中29回成功で自身キャリア最高のパス成功率80.6%を記録して288ヤードを獲得、4TDをあげた。

December 14
アナハイムで行われた対ロサンゼルスラムズ戦は、ドルフィンズがオーバータイムの末に37-31で勝利した。QBダン・マリーノはパス46回投中29回成功で403ヤードを獲得し、通算7度目の400ヤードゲームを達成してNFL記録を更新した。マリーノはこの試合で、オーバータイムでのWRマーク・デューパーへの決勝20ヤードTDパスを含む5つのTDパスを記録している。そしてマリーノはこの活躍でAFC週間最優秀攻撃選手に選出された。

December 22
オレンジボウルでの最後の試合となった対ニューイングランドペイトリオッツ戦で、ドルフィンズは34-27で敗れた。この結果ペイトリオッツはAFC東地区の地区優勝を決めた。ドルフィンズは21年間のオレンジボウルでの試合で110勝38敗3引分(勝率.738)の成績を残した。またQBマリーノは今季パス成功回数378、パス回数623でいずれも1シーズンでのNFL記録を更新した。

 

Season Statistics

RESULTS   STATISTICS LEADERS
Date Score Opponent Passing Att Cmp Yds TD
9/7 ●28-50 @サンディエゴチャージャース D.マリーノ 623 378 4746 44
9/14 ○30-10 インディアナポリスコルツ D.ストロック 20 14 152 2
9/21 ●45-51# @ニューヨークジェッツ Rushing Rush Yds Avg TD
9/28 ●16-31 サンフランシスコ49ナーズ L.ハンプトン 186 830 4.5 9
10/5 ●7-34 @ニューイングランドペイトリオッツ R.ダベンポート 75 314 4.2 0
10/12 ○27-14 バッファロービルズ Receiving Rec Yds Avg TD
10/19 ●28-30 ロサンゼルスレイダース M.デューパー 67 1313 19.6 11
10/26 ○17-13 @インディアナポリスコルツ M.クレイトン 60 1150 19.2 10
11/2 ○28-7 ヒューストンオイラーズ T.ネイサン 48 457 9.5 2
11/10 ●16-26 @クリーブランドブラウンズ Kicking PAT FG Pts
11/16 ○34-24 @バッファロービルズ F.リベイズ 52/55 14/22 94
11/24 ○45-3 ニューヨークジェッツ Interceptions No Yds TD
11/30 ●14-20 アトランタファルコンズ D.ローズ 2 63 0
12/7 ○31-27 @ニューオーリンズセインツ D.マクニール 2 46 0
12/14 ○37-31# @ロサンゼルスラムズ G.ブラックウッド 2 10 0
12/22 ●27-34 ニューイングランドペイトリオッツ W.ジュドソン 2 0 0
      Sacks No
#-オーバータイム M.ブラウン 5.0
      D.ベターズ 4.0
      H.グリーン 4.0
      G.リトル 4.0
      Defense Tack Solo Asst
  J.オファドール 135 109 26
      J.シップ 85 63 22
  B.ブラウン 82 58 24
 
1985BACK1987