headerlogo Season Review

1982 Season

Historical Highlights

September 21
この日NFL選手会はストライキ突入を宣言し、結局翌週から11月21日までの試合が行われなかった。

December 27
オレンジボウルで行われた対バッファロービルズ戦で、ドルフィンズは後半連続20得点をあげて27-10で勝利した。この結果、ビルズが16年間にわたってオレンジボウルで勝利していないという記録が続くことになった。

January 8
オレンジボウルに68,842人の観衆を集めて行われたプレーオフの試合で、ニューイングランドペイトリオッツに28-13で勝利した。ドルフィンズにとってはこれが9年ぶりのプレーオフでの勝利となった。

January 16
ドルフィンズは71,383人の観衆の前でサンディエゴチャージャースに34-13で勝利した。チャージャースのトータルオフェンスをわずか247ヤードに抑えて、1973年シーズン以来、通算4度目のAFCチャンピオンシップ進出を決めた。

January 23
A.J.デューが35ヤードリターンTDを含む、AFCプレーオフ記録となる3つのインターセプトを決めて、ドルフィンズはニューヨークジェッツに14-0で勝利してスーパーボウル進出を決めた。

January 30
カリフォルニア州パサディナのローズボウルに103,667人の観衆を集めて行われた、ドルフィンズにとって通算4度目のスーパーボウルは、フルトン・ウォーカーがスーパーボウル初の98ヤードキックオフリターンTDを決める活躍があったにもかかわらず、ドルフィンズは27-17でワシントンレッドスキンズに敗れた。

 

Season Statistics

RESULTS   STATISTICS LEADERS
Date Score Opponent Passing Att Cmp Yds TD
9/12 ○45-28 @ニューヨークジェッツ D.ウッドリー 179 98 1080 5
9/19 ○24-20 ボルチモアコルツ D.ストロック 55 30 306 2
9/21 ○9-7 @バッファロービルズ Rushing Rush Yds Avg TD
11/29 ●17-23 @タンパベイバッカニアーズ A.フランクリン 177 701 4.0 7
12/5 ○22-14 ミネソタバイキングス T.ネイサン 66 233 3.5 1
12/12 ●0-3 @ニューイングランドペイトリオッツ Receiving Rec Yds Avg TD
12/18 ○20-19 ニューヨークジェッツ J.セファロ 17 356 21.0 1
12/27 ○27-10 バッファロービルズ D.ハリス 22 331 15.0 1
1/2 ○34-7 @ボルチモアコルツ T.バイゴリト 24 186 7.8 0
1/8* ○28-13 ニューイングランドペイトリオッツ Kicking PAT FG Pts
1/16* ○34-13 サンディエゴチャージャース U.ボンシャーマン 21/22 15/20 66
1/22* ○14-0 ニューヨークジェッツ Interceptions No Yds TD
1/30* ●17-27 ワシントンレッドスキンズ D.マクニール 4 42 1
      F.ウォーカー 3 54 0
*-ポストシーズンゲーム Sacks No
      B.ブルジンスキー 4.5
  L.ゴードン 4.0
  Defense Tack Solo Asst
  E.ローン 77 60 17
  A.デュー 60 40 20
      B.ブルジンスキー 55 40 15
 
1981BACK1983