headerlogo Season Review

1981 Season

Historical Highlights

February 5
6度のオールプロに輝いた35歳のОGラリー・リトルが引退した。NFL14年のキャリアのうちドルフィンズには12年間在籍した。

June 25
ドルフィンズに14年間在籍したQBボブ・グリーシーが引退した。通算成績はパス3429回投中1926回成功で25092ヤードを獲得、パス成功率56.2%の記録を残した。1971、1977年シーズンにはオールプロに選出、また6度のプロボウルにも選出されている。そして1972、1973年シーズンにはドルフィンズのスーパーボウル連覇に貢献した。

September 10
オレンジボウルに1975年以来の大観衆74,190人を集めて行われた対ピッツバーグスティーラーズ戦で、ルーキーのトム・ビゴリトがチーム記録となる87ヤードのパントリターンTDを決めるなどでドルフィンズが30-10で勝利した。

September 27
アウェイでの対ボルチモアコルツ戦は、HCドン・シューラとコルツのルーキーPRデビッド・シューラの親子対決となったが、ドルフィンズが31-28で勝利して開幕4連勝を飾った。

October 4
オレンジボウルで行われた対ニューヨークジェッツ戦で、WRナット・ムーアが7回のパスレシーブでチーム記録となる210ヤードを獲得した。試合はオーバータイムの末28-28の引分に終わった。

November 1
ドン・シューラとデビッド・シューラの親子対決の第2戦は地元マイアミのオレンジボウルで行われたが、ドルフィンズが27-10でコルツに勝利した。

November 8
アウェイでの対ニューイングランドペイトリオッツ戦で、ドルフィンズはオーバータイムにLBボブ・ブルジンスキーのインターセプトをきっかけにKユーエ・ボンシャーマンが30ヤードFGを決めて30-27で勝利した。この勝利でHCドン・シューラはNFL通算200勝を達成した。

January 2
オレンジボウルで行われたサンディエゴチャージャースとのプレーオフで、ドルフィンズは24-0の劣勢から追い上げたが、オーバータイムの末に41-38で敗れた。チャージャースKロルフ・ベニーシュケが29ヤードFGを決めて4時間に及ぶ乱戦に終止符を打った。なおこの試合はNFLの歴史上唯一、両チームのQB、ドルフィンズQBドン・ストロックとチャージャースQBダン・フォーツが共に400ヤードパッシングを記録した試合となった。

 

Season Statistics

RESULTS   STATISTICS LEADERS
Date Score Opponent Passing Att Cmp Yds TD
9/6 ○20-7 @セントルイスカージナルス D.ウッドリー 366 191 2470 12
9/10 ○30-10 ピッツバーグスティーラーズ D.ストロック 130 79 901 6
9/20 ○16-10 @ヒューストンオイラーズ Rushing Rush Yds Avg TD
9/27 ○31-28 @ボルチモアコルツ T.ネイサン 147 782 5.3 5
10/4 △28-28# ニューヨークジェッツ A.フランクリン 201 711 3.5 7
10/12 ●21-31 @バッファロービルズ Receiving Rec Yds Avg TD
10/18 ○13-10 ワシントンレッドスキンズ D.ハリス 53 911 17.2 2
10/25 ●27-28 @ダラスカウボーイズ J.セファロ 29 631 21.8 3
11/1 ○27-10 ボルチモアコルツ T.ネイサン 50 452 9.0 3
11/8 ○30-27# @ニューイングランドペイトリオッツ Kicking PAT FG Pts
11/15 ●17-33 オークランドレイダース U.ボンシャーマン 37/38 24/31 109
11/22 ●15-16 @ニューヨークジェッツ Interceptions No Yds TD
11/30 ○13-10 フィラデルフィアイーグルス G.ブラックウッド 4 124 0
12/6 ○24-14 ニューイングランドペイトリオッツ M.コズロウスキー 3 37 0
12/13 ○17-7 @カンサスシティチーフス E.ローン 3 35 0
12/19 ○16-6 バッファロービルズ L.ブラックウッド 3 12 0
1/2* ●38-41# サンディエゴチャージャース Sacks No
      B.バウムハワー 9.0
*-ポストシーズンゲーム K.ボカンパー 7.5
#-オーバータイム A.デュー 7.5
  Defense Tack Solo Asst
  E.ローン 171 120 51
  A.デュー 110 61 49
      B.ブルジンスキー 102 63 39
 
1980BACK1982