headerlogo Season Review

1974 Season

Historical Highlights

November 17
オレンジボウルで行われた対バッファロービルズ戦で、残り試合時間19秒でドン・ノッティンガムが23ヤードTDを決めてドルフィンズが35-28で勝利した。なお、この勝利はドルフィンズにとって、シーズン3度目の残り試合時間20秒以内で勝利を決めたものだった。

December 2
オレンジボウルで行われた対シンシナティベンガルズ戦で、FBラリー・ゾンカが123ヤードを走り、自身19度目となる100ヤードラッシングを記録して、ドルフィンズが24-3で勝利した。ドルフィンズはこの勝利でマンデーナイトゲーム7連勝を飾った。

December 15
オレンジボウルで行われた対ニューイングランドペイトリオッツ戦で、ドルフィンズは24点リードを奪われながら34-27で逆転勝利、地元オレンジボウルでの連勝を31に伸ばした。QBアール・モラルがパスで288ヤードを獲得した。

December 21
オークランドレイダースとの対戦となったAFCプレーオフセミファイナルは、残り試合時間26秒でQBケン・スタブラーからクラレンス・デービスに8ヤードのTDパスが決まって、ドルフィンズは28-26でレイダースに逆転負を喫した。

 

Season Statistics

RESULTS   STATISTICS LEADERS
Date Score Opponent Passing Att Cmp Yds TD
9/15 ●24-34 @ニューイングランドペイトリオッツ B.グリーシー 253 152 1968 16
9/22 ○24-16 @バッファロービルズ E.モラル 27 17 301 2
9/29 ○28-21 @サンディエゴチャージャース Rushing Rush Yds Avg TD
10/7 ○21-17 ニューヨークジェッツ L.ゾンカ 197 749 3.8 9
10/13 ●17-20 @ワシントンレッドスキンズ B.マローン 117 479 4.1 3
10/20 ○9-3 カンサスシティチーフス Receiving Rec Yds Avg TD
10/27 ○17-7 ボルチモアコルツ N.ムーア 37 605 16.4 2
11/3 ○42-7 アトランタファルコンズ P.ウォーフィールド 27 536 19.9 2
11/10 ○21-0 @ニューオーリンズセインツ J.マンディッチ 33 374 11.3 6
11/17 ○35-28 バッファロービルズ Kicking PAT FG Pts
11/24 ●14-17 @ニューヨークジェッツ G.イェプレミアン 43/43 8/15 67
12/2 ○24-3 シンシナティベンガルズ Interceptions No Yds TD
12/8 ○17-16 @ボルチモアコルツ J.スコット 8 75 0
12/15 ○34-27 ニューイングランドペイトリオッツ N.ボニコンティ 2 29 0
12/21* ●26-28 @オークランドレイダース T.フォーリー 2 -2 0
      Sacks No
*-ポストシーズンゲーム B.スタンフィル 10.0
      V.デンハーダー 7.0
      Defense Tack Solo Asst
  B.マセソン 103 71 32
  N.ボニコンティ 100 51 49
      D.アンダーソン 93 49 44
 
1973BACK1975