headerlogo Season Review

1971 Season

Historical Highlights

September 1
クリーブランドブラウンズとのトレードでLBボブ・マセソンを獲得した。その代わりにドルフィンズは1972年のドラフト2巡目指名権を放出した。

October 17
オレンジボウルでの対ニューイングランドペイトリオッツ戦で、QBボブ・グリーシーはNFL記録となる3連続TDパスを第1Qに決めて、ドルフィンズが41-3でペイトリオッツに勝利した。

November 7
オレンジボウルでの対バッファロービルズ戦で、ドルフィンズはビルズに364ヤードを奪われながら34-0で勝利して、チーム創設以来初の完封勝利を記録した。

December 19
レギュラーシーズンのチーム記録となる74,215人の観衆の前で、ドルフィンズはグリーンベイパッカーズを27-6で破り、チーム創設以来初のAFC東地区優勝を記録した。FBラリー・ゾンカは1051ヤードを記録して初の1000ヤードラッシャーとなり、Kガロ・イェプレミアンはNFLトップの117ポイントを記録した。

December 25
AFCプレーオフセミファイナルでドルフィンズはカンサスシティチーフスと戦ったが、第2オーバータイムでKガロ・イェプレミアンが37ヤードの決勝FGを決めてドルフィンズが27-24でチーフスを破った。この試合はプロフットボールの歴史上最も長い試合時間(82分40秒)であったとともに、ドルフィンズにとっては史上初のプレーオフでの勝利となった。

January 2
オレンジボウルに78,629人の観衆を集めて行われたAFCチャンピオンシップゲームで、ドルフィンズはボルチモアコルツに21-0で勝利した。コルツにとってこの完封負けは97試合ぶりのこととなった。またドルフィンズSSディック・アンダーソンが62ヤードのインターセプトリターンTDを記録した。

January 16
ニューオーリンズのツーランスタジアムに81,035人の観衆を集めて行われた第6回スーパーボウルで、ドルフィンズはダラスカウボーイズと対戦したが、カウボーイズにランで252ヤードを獲得されるなどで24-3で敗れた。

 

Season Statistics

RESULTS   STATISTICS LEADERS
Date Score Opponent Passing Att Cmp Yds TD
9/19 △10-10 @デンバーブロンコス B.グリーシー 263 145 2089 19
9/26 ○29-14 @バッファロービルズ G.ミラ 30 11 159 1
10/3 ●10-14 ニューヨークジェッツ Rushing Rush Yds Avg TD
10/10 ○23-13 @シンシナティベンガルズ L.ゾンカ 195 1051 5.4 7
10/17 ○41-3 ニューイングランドペイトリオッツ J.キーク 162 738 4.6 3
10/24 ○30-14 @ニューヨークジェッツ Receiving Rec Yds Avg TD
10/31 ○20-14 @ロサンゼルズラムズ P.ウォーフィールド 43 996 23.2 11
11/7 ○34-0 バッファロービルズ H.ツウィリー 23 349 15.2 4
11/14 ○24-21 ピッツバーグスティーラーズ J.キーク 40 338 8.5 0
11/21 ○17-14 ボルチモアコルツ Kicking PAT FG Pts
11/29 ○34-3 シカゴベアーズ G.イェプレミアン 33/33 28/40 117
12/5 ●13-34 @ニューイングランドペイトリオッツ Interceptions No Yds TD
12/11 ●3-14 @ボルチモアコルツ J.スコット 7 34 0
12/19 ○27-6 グリーンベイパッカーズ T.フォーリー 4 14 0
12/25* ○27-24# @カンサスシティチーフス Sacks No
1/2* ○21-0 ボルチモアコルツ M.フェルナンデス 8.0
1/16* ●3-24 ダラスカウボーイズ J.ライリー 7.5
      Defense Tack Solo Asst
*-ポストシーズンゲーム N.ボニコンティ 126 86 40
#-オーバータイム D.アンダーソン 74 52 22
      M.コーレン 71 54 17
 
1970BACK1972