Week 4
Dolphins vs. Bills
18-23
October 4,1999
Pro Player Stadium
Miami,Florida
 

マンデーナイトの悪夢、オフェンス不調でまさかの敗戦

ドルフィンズにとっては今季早くも2度目のマンデーナイトゲーム、地元マイアミでのビルズとの対戦はオフェンスが不調、加えてダン・マリーノが3つのターンオーバーを犯して18-23で敗れた。

課題のランプレーはこの日も不調で、今季カリム・アブドルジャバー、新人のセシル・コリンズとJ.J.ジョンソンをかわるがわる起用しているが、3試合を消化したところでいまだに軸になるRBが確立出来ていない。この日はアブドルジャバーが3キャリーでわずか2ヤード、コリンズが16キャリーで47ヤード、そしてジョンソンは4キャリーで11ヤードだった。

マリーノはパス44回投中22回成功で251ヤードを獲得したが、ファンブルしてリターンTDを決められ、2つのインターセプトを犯すなどさんざんの内容だった。

この試合の得点はすべてスペシャルチームの活躍によるものだった。オリンド・マレーが4本のFGを決め、ブロック・マリオンが93ヤードのキックオフリターンをしてマリーノからO.J.マクダフィーへの9ヤードTDパスに結びつけた。

第4QマリーノからマクダフィーへのTDパスが決まって18-23と追い上げたドルフィンズは2点コンバージョンを狙ったが失敗、そのあとビルズの攻撃を止めて攻撃権を得て逆転を狙ったが、マリーノのパスはWRに通らず敗れた。

BOX SCORE