Week 2
Dolphins vs. Cardinals
19-16
September 19,1999
Pro Player Stadium
Miami,Florida
 

ディフェンス踏ん張った、ドルフィンズ辛勝

オリンド・マレーが4本のFGを決めてドルフィンズが19-16でカージナルスに勝利、地元での開幕戦を飾った。

カージナルスは残り1分14秒で自陣33ヤード地点から、ジェイク・プラマーが最後のチャンスをつかんだが、2つの反則とサックを受けて25ヤード後退した後、最後のパスをブロック・マリオンにインターセプトされて敗れた。

ドルフィンズは4つのターンオーバー、9つの反則を犯したが、ディフェンスの頑張りで勝利をものにした。

マレーとクリス・ジャッキーのFGの蹴り合いとなり共に1本づつ失敗したが、4本成功させたマレーが3本成功のジャッキーを上回った。

ドルフィンズのディフェンスはプラマーから4つのインターセプトを奪ったが、マリオンの他にはザック・トーマスがエンドゾーン内でTDを防ぎ、サム・マディソンが2つのインターセプトを決めた。マディソンの最初のインターセプトは第3Q終盤のマレーの決勝FGに結びつくものだった。

ダン・マリーノはパス35回投中21回成功で221ヤードを獲得したが、2つのインターセプトを奪われた。LBロブ・フレドリクソンには34ヤードをリターンされてTDを決められ、DEアンドレ・ワズワースにインターセプトされたものはそれをきっかけにFGを決められて3点リードを許す結果となった。

ドルフィンズの唯一のTDは前半終了間際71ヤードのドライブで決めたものだった。ルーキーFBロブ・コンラッドの4thダウン1ヤードからの2ヤードランがキープレーとなり、最後はマリーノがTEトロイ・どれいとんに10ヤードTDパスをヒットして13-13の同点に追いついて前半を終了した。

この日がデビュー戦となったルーキーのセシル・コリンズは前半は9キャリーで40ヤードを獲得したが、後半は思うように走れず苦いデビューとなった。

ドルフィンズは対カージナルス戦はこれで8勝無敗、ホームでの開幕戦も6連勝となった。

BOX SCORE