WEEK 11

1998.11.15 Ericsson Stadium,Charlotte

1Q
2Q
3Q
4Q
TOTAL

7
3
0
3
13

3
3
0
3
9

Scoring Summary

1st QUARTER: MIA - TD Karim ABDUL-JABBAR 1yard RUN(MARE KICK), 5:58.
(11plays,92yards 5:58)
MIAMI 7-0
CAR - FG John KASAY 32yard, 11:06.(11plays,45yards 5:08) MIAMI 7-3
2nd QUARTER: CAR - FG John KASAY 27yard, 5:03.(5plays,6yards 1:53) MIAMI 7-6
MIA - FG Olindo MARE 24yard, 15:00.(10plays,61yards 6:38) MIAMI 10-6
3rd QUARTER: NONE        
4th QUARTER: MIA - FG Olindo MARE 22yard, 0:48.(10plays,48yards 5:08) MIAMI 13-6
CAR - FG John KASAY 43yard, 6:15.(5plays,14yards 2:04) MIAMI 13-9

Player of the Game

Offense

Defense

Karim ABDUL-JABBAR(RB)

25 carries-127 yards,1TD

Brian WALKER(DB)

2 interceptions


Game Story

敵地でのパンサーズ戦、ラン攻撃で184ヤードを走り、ディフェンスも相手の攻撃をトータル210ヤードに押さえるなど、攻守が噛み合って快勝しました。ドルフィンズはジェッツが破れたため、AFC東地区の単独トップに立ちました。

第1クォーター、開始直後のドライブの中でRBアブドルジャバーが5回のキャリーで55ヤードを記録してタッチダウンランを決め、ドルフィンズが先制。パンサーズもすぐに反撃し、フィールドゴールを返しました。さらにパンサーズは第2クォーターにLBグリーンがQBマリーノのパスをインターセプトし、Kケーシーのフィールドゴールにつなげて、1点差に迫りました。ドルフィンズは前半最後の攻撃でタッチダウンのチャンスをつかみましたが、反則とファンブルでタッチダウンは取れず、Kマレーのフィールドゴールに留まりました。第3クォーター最初の攻撃でパンサーズはドルフィンズ陣内17ヤード地点までボールを進め、4thダウン1ヤードでギャンブル。しかしこれを止められて得点できずチャンスを逃しました。逆にドルフィンズはDBウォーカーのインターセプトでボールを奪うと、ランプレーを主体にして攻撃し、第4クォーターに入ってKマレーのフィールドゴールで追加点をあげました。その後パンサーズにフィールドゴールを返されて、4点差に迫られましたが、DBウォーカーが2つ目のインターセプトを決めてボールを奪い、そのまま試合終了となりました。

アブドルジャバーが127ヤード、エイブリーも12回で53ヤードを走るなど、オフェンスプレー62回の内ランプレーが40回もありました。

ディフェンスはパンサーズQBバーラインに対して4サックを記録、またラン攻撃をわずか62ヤードに押さえ、結局タッチダウンを許しませんでした。

来週は今季2試合目のマンデーナイトゲーム、フォックスボロでのペイトリオッツ戦です。前回マイアミでの対戦はオーバータイムの末、ドルフィンズが辛勝しています。


Comment

今季不調のパンサーズとの対戦だったので、ロードゲームとはいえ、まあ勝てるだろうと思っていました。ディフェンスがリーグ最下位のパンサーズなので、もう少し得点できると思ったんですが、意外にロースコアのゲームでした。しかし内容的にはドルフィンズの圧勝と言っても良いんじゃないでしょうか。

相手の守備が弱いとは言え、この試合ドルフィンズは良く走りました。特にジャバーはキャリア最高の成績ではないでしょうか。先週のエイブリーの活躍が刺激になったのかもしれません。ジャバーは、12月に向けて調子を上げていきたい、というコメントを残しているようですが、このところオフェンスも安定してきているので、期待できると思います。また是非ともそうなって欲しいです。(12月は対戦相手が非常にハードなので)

ディフェンスは相変わらず好調ですね。最近ほとんど見なかったサックも見られましたし。

来週のペイトリオッツ戦ですが、やはりドルフィンズはかなり不利でしょう。ペイトリオッツももう負けられないので必死でくると思います。ドルフィンズにとっては真価を問われる一戦であり、ある意味では今年のドルフィンズを占う上で非常に意味のある試合になるような気がします。