PRESEASON GAME
VS. 
1998.8.23
3Com Park

1Q
2Q
3Q
4Q
TOTAL

Miami

0
7
7
7
21

San Francisco

7
7
6
0
20

Scoring Summary

1st QUARTER:

SFO - TD,

Terrell OWENS 72yard PASS from S.YOUNG(BECKSVOORT KICK), 11:15.

SFO 7-0

2nd QUARTER:

MIA - TD,

Charles JORDAN 37yard PASS from D.MARINO(MARE KICK), 1:02.

SFO 7-7

SFO - TD,

Terrell OWENS 1yard PASS from S.YOUNG(BECKSVOORT KICK), 13:52.

SFO 14-7

3rd QUARTER:

SFO - TD,

Terrell OWENS 26yard PASS from S.YOUNG(PAT FAILED), 2:47.

SFO 20-7

MIA - TD,

John AVERY 2yard RUN(MARE KICK), 11:33.

SFO 20-14

4th QUARTER:

MIA - TD,

John AVERY 71yard RUN(MARE KICK), 2:57.

MIAMI 21-20


Game Story

新人ジョン・エイブリーの2つのタッチダウンランで強敵フォーティーナイナーズに逆転勝ちしてプレシーズンゲーム3連勝をかざりました。

7-20とリードされた第3クォーター、ショーン・ウッデンのインターセプトでつかんだチャンスをエイブリーの2ヤードタッチダウンランで6点差とした後、第4クォーターに入って再びエイブリーが71ヤードのタッチダウンランを決めて逆転してそのまま逃げ切りました。

エイブリーはケガで出遅れてプレシーズンゲームには初登場でしたがいきなり大きな仕事をしました。トータルで13回走って99ヤードを獲得しました。先発RBのアブドルジャバーは9回のランで14ヤード、ファンブルを2回するなど調子はよくありませんでした。このエイブリーの活躍でシーズンが始まってからの先発RBがどちらになるかわからなくなってきました。

QBダン・マリーノは第3クォーターの終了間際まで出場して23回パスを投げて12回成功、158ヤードのゲインで過去2回のプレシーズンゲームと比べてあまり調子はよくなかったようです。しかし、第2クォーターにはWRチャールズ・ジョーダンに初めてのタッチダウンパスを決めました。そのチャールズ・ジョーダンは5回のパスキャッチで65ヤードの活躍でした。

ディフェンスはフォーティーナイナーズのラン攻撃を50ヤードに押さえましたが、QBスティーブ・ヤングには3本のタッチダウンパスをきめられました。やはりヤングが相手ではまだ厳しいのでしょうか。

次の対GBパッカーズ戦が楽しみであり、注目されるところです。